AI規制

メタバース
[No.63]リモートワークではフィッシング詐欺に注意!!会社の同僚はAIが生成したディープフェイク、社員になりすました犯罪者が企業のITシステムを攻撃

今週、アメリカ連邦捜査局(FBI)は通達を出し、リモートワークでディープフェイクを使ったフィッシング詐欺が発生しているとして、企業や団体に注意を喚起した。犯罪者は、ディープフェイクで他人になりすまし、人事面接を受ける。採用された犯罪者は、企業のシステムにアクセスして、機密データを盗み出す。

続きを読む
メタバース
[No.53] AIが制作したデジタルアートの著作権は誰に帰属する?AIを著作権者として登録できる?

米国著作権局(United States Copyright Office)は、AIが制作したデジタルアートを、著作物として登録することはできない、との判定を下した。AIが生成したデジタルアートは、著作権法による保護の対象にはならない、ということを意味する。

続きを読む
AI規制
画像 出典: National Institute of Standards and Technology
[No.12] 国民から信頼されるAIを探求、米国政府はAIの信頼性を指標化し計測する研究を開始

セキュリティの国際会議RSA Conference 2021(#RSAC)がオンラインで開催された。​AIが社会に幅広く浸透し、その効用が理解されると同時に、国民はAIに漫然とした不安を抱き、その信頼性が低迷している。この問題に対処するため、米国政府はAIの機能を定義し、その信頼性を査定する研究を始めた。

続きを読む
AI規制
画像 出典: European Commission
[No.4] 欧州と米国でAI規制が始まる、EUは規制案を公開、企業にAIの品質保証を求め違反すると制裁金が課される

AIが社会に浸透し人々の生活にかかわる中、欧州委員会はAIの運用ルールを定め、危険なAIについては使うことを禁止する。プロポーザルはAI運用の指針を示したもので、EU加盟各国はこれをベースに法令を制定してAIの運用を規制する。

続きを読む