Login VSIは、業界標準のベンチマークツールです。

Login VSIの負荷発生モジュール(VSI Launcher)を搭載したWindowsサーバから、測定対象のVDIサーバに対してワークロード(負荷)をかけて、そのレスポンスタイムなどを解析・評価します。

これにより、快適に使える最大ユーザ数 / セッション数の値(VSImax値)が把握できます。ワークロードは、オフィスで典型的に使用される10種類以上のアプリケーションを動作させることによって行ないます。​動作パターンには、6種類のテンプレートが用意されており、ワークロードを自動発生させることができます。

仮想デスクトップ(VDI)システムのリリース前における性能評価は難しく、リリース後に性能が足りない、あるいは過剰な設備だったということが多々あります。

Login VSIは、すべてのWindowsベースの仮想化デスクトップに対応し、カスタマイズ可能なワークロード、エージェントレスインストールと最低限のインフラストラクチャ要件で、テスト期間を短縮することもできます。

自動で負荷をかけて測定・解析

Login VSIは、VDIやSBCシステムに自動でワークロード(負荷)をかけて、パフォーマンスやスケーラビリティ・キャパシティを測定・解析します。

ワークロードは、Windowsをはじめ、オフィスで典型的に使用されるアプリケーションを動作させるテンプレートが複数用意されていますが、カスタマイズにより、独自開発したアプリケーション等もワークロード内に含めることができます。

誰もが認める「VSImax値」

Login VSIの負荷試験結果により、VSImax値がレポートされます。
この値は、測定対象のシステムが最大でいくつのVDI数が快適に利用できるかを示しています。
​多くの大手ハードウェアベンダー・ソフトウェアベンダーが、ベンチマーク結果として、VSImax値を公表しており、業界標準値として認められています。

Login VSIの解析結果は
様々な切り口からグラフで表示
Login VSIは、最大快適VDI数(VSImax値:4.1)
を念頭にサイジング

ストレージ性能の評価も可能

VDIは、オフィスでの利用に限らず様々な分野に拡がっています。
最近では、ストレージに大きな負荷をかける利用が増えてきていますが、Login VSIはストレージにも対応しています。

他のワークロードと同様にオフィス系のアプリケーションを利用して、ストレージにI/O負荷をかけます。

ストレージワークロードとオフィスワーカーワークロードとのReads/Writesの差

ストレージへの負荷が軽いWebブラウジングは、ほとんど利用せず、OutlookやWord、Excel等を中心に利用して負荷をかけます。
その際に、メールも含めたファイルの大量読み込み、大量コピーを行ってストレージへの負荷(I/O)を増加させます。

ワークロード(負荷)テンプレート「Login VSI Workloads」

VDIにかける負荷は、オフィスユーザー用として負荷の軽い順に、タスクワーカー、オフィスワーカー、ナレッジワーカー、パワーワーカーのテンプレートが用意されており、想定されるユーザーの属性にあわせて、試験する負荷を選択します。

ワークロードのカスタマイズも容易に行うことができます。また、ストレージへの負荷用としてストレージワークロード、画像系の負荷用としてマルチメディアワークロードも用意しています。

 CPU
Usage
Disk
​Reads
Disk
​Writes
IOPSMemoryvCPU
タスクワーカー70%79%77%61GB1vCPU
オフィスワーカー82%90%101%8.11.5GB1vCPU
ナレッジワーカー100%100%100%8.51.5GB2vCPU
パワーワーカー119%133%123%10.82GB2vCPU+
Login VSI Workloads

Login VSI アーキテクチャ

  • Login VSIは、特別なインフラストラクチャを必要とせず、標準的なWindowsベースのハードウェアを使用していませんので簡単にインストールして使用することができます。​
  •  Login VSIは、すべてのWindowsベースの仮想化デスクトップソリューションで動作します。
  • Login VSIは、任意の言語ですべてのWindows OSまたはMicrosoft Officeバージョンをサポートしています。

Login VSI 提供モジュールとシステム要件

■ VSI Launcher

Target Machine に多数のセッションを張ります。

  • “VSI Launcher”(負荷の起動、管理)、”VSI Analyzer”(結果解析)が稼働
  • Windows 8, 8.1, 10, 2008, 2008R2, 2012, 2012R2, 2016, 2019 で稼働
  • Microsoft .NET Framework 4.5.2
  • Microsoft .NET Framework 3.5
  • Target machine(測定対象)に応じたVDIクライアントをインストール(Citrix ICA / HDX、Microsoft RDP、VMware PCoIP等)
  • 25セッション毎に、Launcherを設定(2vCPU/4GBメモリのリソース)

■ Target Machine

VDI システムです。

  • 測定対象となる VDI に “VSI Target Client” をインストール
  • Windows 8, 8.1, 10, 2008, 2008R2, 2012, 2012R2, 2016, 2019 上で稼働
  • Microsoft .NET Frameworks 3.5
  • Microsoft Office(2007, 2010, 2013, 2016のいずれか)をインストール

■ VSI Share

Windows 共有フォルダです。
(Login VSI のバイナリ(Management Console、Analyzer、Session Monitor等)、測定結果、設定ファイル、ライセンス等を保存するため)

  • Windows Server上に共有フォルダを作動
  • Windows Server 2008R2, 2012, 2012R2, 2016, 2019
  • Microsoft .NET Framework 3.5
  • Microsoft .NET Framework 4.5.2

■ Active Directory

Login VSI 用のグループ、ユーザを用意します。

  • Active Directory サーバに ”VSI AD Setup” モジュールをインストール 

Login VSI ライセンス体系

LoginVSIは、期間限定ライセンス(12ヶ月)と年間サブスクリプションがあります。
​ユーザーワークロード数は250ユーザー以上で段階的に用意しています。サポート、メンテナンスが提供されます。
価格については、お問い合わせください。

保守内容

ライセンス費用に保守が含まれています。
ライセンス期間中は対象製品の最新バージョンがご利用になれます。

また、サポートセンターに対して 製品使用方法等の e-mail による問い合わせが可能です。
​結果の解析やワークロードのカスタマイズに関する件、レポート作成等については保守に含まれませんが、別途有償にてご提供しております。 ​

VDIシステム ライフサイクル

「Login PI」については、こちらよりご確認ください。

Login VSI 20日間無料トライアル

20日間限定で、20ユーザワークロードの利用が可能です。ぜひお試しください!

  • ライセンス発行日より20日間、20ユーザワークロードまで利用可能です。
  • 無償版はLogin VSI の基本機能と代表的な負荷シナリオがご利用いただけます。有償版と機能差はございません。ワークロードのカスタマイズも可能です。
  • 1ドメイン内での利用に限定されます。
  • Windows日本語環境に対応しています。詳しくはお問い合わせ下さい。

見積依頼・お問い合わせはこちら

製品に関するご質問、お見積もりなど、お気軽にお問い合わせください。